本文へジャンプ

鋳造シミュレーションシステム ADSTEFAN

Hitachi

鋳造シミュレーションシステムの導入をご検討されている皆様に、「ADSTEFAN」を既に利用されているユーザ各社の方々の生のご意見や感想をご紹介します。
これらは、各種セミナーやユーザ会のアンケート及びメールやWebサイトに寄せられた内容を基に集約したものです。

導入支援について

導入支援について
No. ご意見
1 鋳造シミュレーションソフトの導入検討に際し、ユーザサイトでのプレゼンや貴社における体験セミナーの受講や無料でのベンチマーク解析をして頂いたのは、大変参考になりました。
ところで当社の○○工場にも導入の計画が有りますが、毎月開催されている体験セミナー以外にも不定期のセミナーや当社工場でのオンサイトセミナーの実施検討をお願いします。
2 ADSTEFANは、簡単操作で導入後すぐ戦力になると聞いていますが、そうは言っても導入教育が必要と思います。導入ユーザの鋳造法に沿った操作演習での教育をお願いします。

インストールについて

インストールについて
No. ご意見
1 CAEソフトでは、一般的に管理者権限(administrator権限)ですべてインストールする仕様になっていますが、1台のPCを数人で使用する場合にはセキュリティの関係で心配がありました。
ADSTEFANではデータ部分をユーザ権限でインストールできるので、セキュリティを確保しながらデータ共有できるのは、自社のセキュリティポリシーに対応しながら情報共有できる為、大変効果的だと思います。
2 HASPドライバーのインストールを実行したところ、エラーメッセージが出てしまい、”管理者サイト”へ問合せをして、原因を追究して頂きました。
回答欄には再インストールの手順が丁寧に書いてあり、実行後、認証を確認することができました。

解析前の準備:解析条件設定について

解析前の準備:解析条件設定について
No. ご意見
1 次期Ver.11では、混合要素法の搭載によりADSTEFANで採用している直交差分メッシュで、メッシュの段差の影響による曲面での実湯流れの再現精度が向上するとのことで期待していますが、ADSTEFANの一番の特長である解析スピードの速さと、大規模メッシュ生成可能な点で現状の5億程度は無理としても(32bit版では)、最低2000万要素を可能にして貰えることを期待しています。
2 ADSTEFANでは、材料データベースが搭載されていて登録されている材料も多いため助かっています。
ユーザがデータを入力してカスタマイズすることも出来るので追加していますが、今後も文献や学会などで公開されているデータをデータベースに登録してバージョンアップ時に提供して頂ける様検討をお願いします。

解析計算の実行について

解析計算の実行について
No. ご意見
1 他社鋳造ソフトも導入しているが、ADSTEFANは2000万メッシュでも充填率95%では夜間に流しておけば、翌朝には結果が出るので非常に効率的だ。
社内では、始めから細かいメッシュを切って長時間かけて正確な結果を出そうとするのは止める様にしている。
最初は粗くメッシュを切って、湯流れ・凝固の概要を掴み、方案を修正してトライし、ある程度の方向性が見えてきたらメッシュを細かくして結果を評価している。
この様にしたことで製品開発のスピードが短縮され、トータル開発コストも低減できた。
ADSTEFANには、解析精度の向上も重要ですが、更に高速化を図って欲しい。
2 従来は、取りあえず試作してみて駄目だったら方案を修正してトライの繰り返しで、それでも駄目な時にはお客様に形状変更をお願いしていたので、開発にかなりの時間とコストが掛かっていました。
しかし現在は、まず解析して解析結果を見て方案検討会を行い、改善案を再度解析して検討するようにしています。そのため解析スピードが速いADSTEFANは重宝しています。
この結果、試作回数を減らすことが出来、不良も少なくなって時間と労力を別なことに使えるようになりました。
3 背圧を考慮したスリーブ解析が可能になったことは有用だと思う。
背圧解析での精度と時間は湯流れ解析の重要な部分と考えています。
更なる改善をお願い致します。
4 解析時間のスピードアップはユーザにとって必須ですが、精度の向上も重要と考えています。
解析原理を基本に高速化のカスタマイズをしていくことには、計算の安定性を損なう恐れもあると思います。
64bit化とマルチCPU並列化を更に進めたものを開発中と聞いていますので、早期のリリースを期待しています。

解析結果の表示について

No. ご意見
1 次期Ver.11では、CADデータを応用して解析結果の表示を高速化し、更に高精細化する機能を搭載するとのことですが、現場への説明や最終顧客へのプレゼンをする際に非常に効果的だと考えています。
来春のバージョンアップと言わず、レビジョンアップでも構いませんので早期のリリースをお願いします。
2 解析結果を他のPC、他の可視化ソフトで表示させる方法を問い合わせましたが、ADSTEFANではUSBキーによるライセンス認証のポストプロセッサを販売しており、このソフトではUSBキーが挿入されている任意のPCにおいて他の制限なく解析結果を表示することが可能となると聞きました。
また、日立製品のプリプロセッサ・ポストプロセッサ「HICAD/CADAS」で表示する方法もありADSTEFANに搭載されている「HICAD/CADAS」向けの結果出力機能により、「HICAD/CADAS」がインストールされているPCであれば解析結果の表示が可能とのことですが、この2つの方法の導入検討の為に利用形態・環境の事例により比較できる様に検討をお願いします。

ユーティリティ・ツールについて

ユーティリティ・ツールについて
No. ご意見
1 演算ツールの使用方法が良く分からなったので、演算例をWebのユーザサイトに掲載して欲しいとお願いしましたが、早期に掲載して頂き、使用例を参考にして使用方法を理解できました。
2 ユーザサイトの中に”ツール一覧”の項目があり、必要時に便利ツールをダウンロードして使用していたが、先日、項目にない変換ツールを追加要求したところ、作成していただけました。
3 ユーザサイト内のQ&Aには、実際使用する上でのヒントや解決方法が項目毎に記載されているのでADSTEFANを利用する上で大いに役立ちます。

保守契約について

保守契約について
No. ご意見
1 保守契約を継続して、バージョンアップ版の無償提供・インターネットによるホームページからの問い合わせ技術支援・ユーザ会参加による最新技術動向や他社事例の入手など、有形無形の効果があったので今後も継続しようと考えていますが、競合他社に引けを取らないようシミュレーション技術の向上を図ることを計画しています。
ついては、有料でも構わないので湯流れ・凝固ソルバの計算手法セミナーの開催を検討お願いします。

保守サポート体制について

保守サポート体制について
No. ご意見
1 【 Webサイトによるインターネット環境でのユーザからの問い合わせ 】
保守契約を結んでいますが、使用方法や解析条件の設定について不明な点が有る場合の問い合わせがWebによる専用サイトで出来るようになったのは、大変便利だと思います。
特にユーザ毎の専用ページで過去の質問内容と回答が一覧で見られる様になったのは、社内でのノウハウ・事例の共有化に効果的と思います。
従来、各自が個々に自分のPCからメールで問い合わせていた内容を探したり、不在の時に確認出来なかったことや、電話で問い合わせた内容が記録として残らないことが有ったので、一括して管理できる様になりました。
今後はメルマガ的な内容での保守支援を期待しています。
2 【 Webサイトによる問い合わせの回答時間と回答内容 】
早急に答えて頂けるので、業務がスムーズに行えると共に的確な回答をして頂いてると思います。
3 【 解析事例(シミュレーション100)の公開 】
保守ユーザ向けに解析事例を鋳造法別や解析条件を変えてシミュレーション100として公開していますが、導入して間もないユーザにとっては非常に参考になります。
特に解析条件の設定における熱抵抗値や物性値の設定などは参考になります。今後さらに解析事例を増やしていくことを期待します。
4 【 ホームページ(adstefan.com)によるトピックス情報の提供 】
最近、ホームページが定期的に更新されているようですが、参考になる情報がアップされていると思います。
又、見易さの面でもユーザ専用サイトの更新などがトップページで分かるので、定期的にチェックするようにしています。
特にQ&Aは、従来更新されていませんでしたが、今回大幅に追加され参考になる事例も含まれていました。
今後も共通的な内容の更新を期待します。
5 【 ユーザ会による最新研究動向(提携大学・研究所との)の情報提供 】
保守ユーザ向けのセミナーが毎年6月(技術セミナー)と11月(ユーザ会)に開催され、次期Ver.の機能や大学の研究報告、また、海外からの基調講演などを聴講でき、有意義な時間を送ることができました。
6 【 ユーザ会によるユーザ事例の反響 】
解析事例が多く、ほぼ期待通りの内容で為になりました。
「物性値のパラメータは現実のものと比較して調整をすることも必要なのかな」と思いましたが、細かい設定まで行った事例が多く勉強になりました。
特に色々な工法の業種ユーザ事例報告を聞けたのが良かったです。
・ユーザ事例の紹介は持ち帰りの知識として有用なものが多いため、今後も事例紹介を続けていって欲しいと思います。
・毎回感じますが、ユーザ事例は非常に参考になります。ありがとうございました。
・来年10周年「第10回ユーザ会」ですね!
7 【 最新バージョンアップ版の無償提供 】
保守ユーザ向けに毎年バージョンアップ版が無償提供されますが、一刻も早く試してみたいので、ユーザ専用サイトからのダウンロードがすぐに出来る様、リリースの案内と共にホームページへのアップをお願いします。

輸出・海外対応について

輸出・海外対応について
No. ご意見
1 ADSTEFANは海外輸出にも対応しているようですが、保守サポートはどのような体制になりますか?
==>海外販社かADSTEFANセンタで同様の保守サポートを行います。

今後の開発・バージョンアップについて

今後の開発・バージョンアップについて
No. ご意見
1 海外を含む大学・研究所との連携により最新の研究成果や、実験による検証などのADSTEFANへの反映が計画されていますが、次期Ver.11への表面張力考慮湯流れ解析や鋳鉄のチル層予測など具体化されることは、大いに期待が持てます。