ページの本文へ

Hitachi

鋳造シミュレーションシステム ADSTEFAN

topImage
システム概要

ADSTEFANは、プリプロセッサ、ソルバ、
ポストプロセッサ、ユーティリティから構成されています。

形状作成―条件設定―解析実行―結果評価までスムーズに
操作でき、多くのお客さまにご愛用いただいております。

また、各種鋳造プロセス(ダイカスト(スクイズ、半凝固)、
重力鋳造(砂型・金型)、低圧鋳造、傾斜鋳造、遠心鋳造、
精密鋳造、ロストワックス鋳造、 エレクトロスラグ再溶解法(ESR))などに対応しています。

プリプロセッサ
pre_processer

計算用メッシュ作成から解析条件の設定、結果の出力設定などを行い、解析モデルの作成を行います。

面の抜けや重なり、反転など、STLデータの不正情報を自動で品質補正が可能です。

用意されたデータベースから鋳物や鋳型の材料名を選択するだけで、 解析に必要な物性地上権が自動で設定されます。

設定値の妥当性(物理的な許容範囲か)を自動的に検証し、入力ミスによる後戻り作業を防ぎます。

ソルバ/湯流れ解析
flow

鋳型内に注湯される溶湯の流れを解析します。
充填状態や圧力、温度変化を可視化することで、
湯道系方案設計をサポートします。

直行差分法で不得意とされている局面形状の流れの精度も
独自の差分補正処理を行い、その直進性、精度の向上を
図っています。

また、気液二相流考慮、スリーブ内溶湯挙動、傾斜考慮、
遠心考慮など様々オプションを搭載しています。

ソルバ/凝固解析
solidificastion

鋳型内に充填された金属の凝固過程を解析します。
凝固進行過程を可視化することで、肉厚設計、押湯設計を
サポートします。

凝固時の溶湯の体積変化を考慮することにより、
引け巣の形状、大きさを予測できます。

また、局部加圧解析、鋳鉄材料の過冷却現象を考慮した
解析も可能です。

ソルバ/金型温度解析
die_temperature

ショット、型開き、製品取り出し、ブローなどの
工程入力により繰り返し鋳造の金型温度変化を解析します。
安全な金型設計をサポートします。

定常状態に至るまでの適正な捨て打ち回数の検討、
工程中の金型損傷リスクの予測ができます。

離型剤スプレー機能による金型表面温度変化や、水冷管流量設定による金型内部温度変化を解析できます。
またスポット冷却も評価できます。

ユーティリティ
utility

解析結果の加工や外部の解析システムとの連携ツールなど、
ADSTEFANをより有意義にご使用いただくため、
各種ユーティリティを搭載しています。

物性値合わせこみツールやX線撮像データとの
重ね合せ表示機能を用いることで、実データと解析結果の
ズレの正確な評価が可能です。

ポストプロセッサ
post_processor

解析結果を3次元グラフィックスで立体的に表示します。

結果評価のサポートとして、スケーリング機能や
計測機能、結果の同期機能、アニメーション出力機能、
レポート出力機能などを搭載しています。

断面表示や半透明表示などを用いることで、
評価したい箇所を分かり易く可視化します。

システム要件
OS
Windows 7 (32bit/64bit)
Windows10 (32bit/64bit)
Linux ※1
言語
日本語
英語
中国語
CPU
Intel または AMD製
搭載メモリ
2GB以上(32bit)
8GB以上(64bit)
グラフィックボード
OpenGL2.0以上
256MB以上のビデオカードメモリ
*1
Linux対応バージョンについては弊社までお問合せください。
ダウンロード
販売代理店
お問い合わせ