本文へジャンプ

鋳造シミュレーションシステム ADSTEFAN

Hitachi

第8回 産学官連携功労者表彰 鋳造CAEシステム「ADSTEFAN」の開発 「文部科学大臣賞」の受賞式が行われました。

 このほど弊社製品であります鋳造シミュレーションシステム「ADSTEFAN」が第8回産学官連携功労者表彰において「文部科学大臣賞」を受賞いたしました。

産学官連携功労者表彰とは?(文部科学省ホームページより抜粋) 産学官連携功労者表彰は、大学、公的研究機関、企業等の産学官連携活動において、大きな成果を収め、また、先導的な取組を行う等、産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例に関し、その功績を称えることにより、我が国の産学官連携の更なる進展に寄与することを目的として、平成15年度より行われているもので、本年で8回目を迎えます。
受賞理由(文部科学省ホームページより抜粋) 東北大学の安斎浩一教授は、鋳造技術者のための鋳造CAEシステム「Stefan3D」を研究・ 開発した。その後、(株)日立製作所への技術移転によりソフトウェアシステム「ADSTEFAN」として製品化され、現在では日本国内に限らず、アジア各国で幅広く利用されている。
中小メーカーでも使いこなすことができる優れたユーザインターフェイスを実装すると同時に、多くの鋳造プロセスに対応し、鋳造欠陥の発生がコンピュータグラフィックスにより視覚的に予測可能となったことで、鋳造品の高品質化・低コスト化を実現した。製品化以来、毎年バージョンアップを実施しているように、社会ニーズへの的確な対応を継続している優れた事例である。

 6月5日(土曜日)開催の科学・技術フェスタin京都−平成22年度産学官連携推進会議−において、第8回産学官連携功労者表彰の表彰式が開催されました。

 本事例の功労者として、東北大学大学院 教授 安斎浩一様、株式会社日立製作所 日立研究所 主任研究員 高橋勇様、弊社ADSTEFANセンタ副センタ長 谷本雅俊の3名が各組織の代表として受賞いたしました。
 今回の受賞は内閣総理大臣賞をはじめ、計11部門 17件が表彰されました。

フェスタ風景
フェスタ風景

第8回産学官連携功労者表彰式典
第8回産学官連携功労者表彰式典

受賞者と文部科学省担当者
受賞者と文部科学省担当者

左から 取締役社長 加藤勝康、株式会社日立製作所 日立研究所 主任研究員 高橋勇様、東北大学大学院 教授 安斎浩一様、ADSTEFANセンタ副センタ長 谷本 雅俊、取締役 内山仁
左から 取締役社長 加藤勝康、株式会社日立製作所 日立研究所 主任研究員 高橋勇様、東北大学大学院 教授 安斎浩一様、
ADSTEFANセンタ副センタ長 谷本 雅俊、取締役 内山仁

【関連記事】

「科学・技術フェスタ in 京都」の開催情報は下記URLです。